大都会とレトロとが共存する街!「梅田」の魅力的スポットをご紹介

梅田は、大阪の中でも特に発展しているスポットで、東京で言えば、新宿や渋谷にあたるような、大阪の中心街です!大阪駅からのアクセスも良いので、梅田は観光スポットとして、まさに欠かせないエリアなのです。巨大なデパートや家電量販店などが立ち並んでいるかと思えば、21世紀とは思えないような、レトロな光景もあるという、そのギャップこそが梅田の魅力だったりもします。高いところから、雄大な景色を見渡すこともできたりと、素晴らしい施設や建築物もたくさん!もちろん、グルメも充実している街なので、お腹も満たしつつ、たっぷりと梅田を満喫していってください!

1 ルクア&阪急百貨店でショッピング

大阪へ来たのであれば、まずは商業施設の「巨大っぷり」を味わうのが王道でしょう!梅田のような都会に降り立ったにも関わらず、細い路地にある、隠れた名店ばかりを探そうとする人もいますが、梅田を満喫したいのなら、やはり、まずは超巨大な百貨店をウロウロすべきです。そして「大きいなぁ!」「都会だなぁ!」ということを味わうのが、梅田の街に対する敬意というものでしょう。

ルクアは、国内最大級の駅型商業施設です。大阪駅に隣接しているので、駅に降り立ってからすぐに向かうことができます。というわけで、まずはこのルクアで、心ゆくまでショッピングを楽しむのがいいでしょう。

ツアーの最初なので、ここでは、ウインドウショッピング程度にとどめておくのがオススメ。じっくりと吟味して、時間を掛けて買い物をする目的というよりも、まずは気楽に、あんな店やこんな店がある!ということを眺め、見て歩いて楽しむのがオススメです。

阪急百貨店は、1920年に創業している、歴史的な施設でもあります。大正時代に開業している老舗デパートならではの、味わいある建築や造形が魅力的で、特に特徴的なアーチ型の天井は見応えがあります。最先端のショッピングを楽しみつつ、美術館や博物館の中を見て回っているかのような気分も、同時に味わえることでしょう。

 

 

2 梅田スカイビルから街を見下ろそう

 

ルクアや阪急百貨店は、いつも人で賑わっているので、デパートでショッピングを満喫したら、少し人混みにも疲れることでしょう。そこで、次に訪れて欲しいのが、梅田スカイビルです。

   

梅田スカイビルには有名な空中庭園があるのですが、ここからの眺めは、まさに絶景!展望台から大阪の街を眺めれば、気分もスカッとすることでしょう。

梅田スカイビルは、都市とレトロな街並みとが混在している魅力的な施設です。1Fや地下には、昭和初期を思わせるような店がたくさん並んでいて、まるでタイムスリップして、別世界に来たかのような、特別な感覚を味わえるはず。インスタ映えするような、独特で魅力的な写真がたくさん撮れるに間違いありません。

串カツの専門店や、牛タンの店、寿司屋など、他にも様々なグルメ店がバランス良く立ち並んでいるので、小腹が空いたら、ここでちょっぴりつまんでいくのもアリでしょう。

3 LOFTでカワイイ雑貨をゲットすべし

次に訪れて欲しいのが、梅田の「LOFT」です。便利で、可愛くて、リーズナブルな雑貨を揃えたい!と思ったら、日本ではロフトへ行けば、まず間違いありません。

生活に必要なものから、ただ部屋に飾って置いておきたくなるようなものまで、何でも揃ってしまうことでしょう。日本の雑貨のレベルの高さに驚かされるはず。探していたものが見つかるだけでなく、思わず手を伸ばしたくなってしまうような、見たこともない新しい雑貨が揃っていたりするので、ロフト散策には、たっぷりと時間を使ってみて欲しいです。

ロフトは全国に展開されていますが、特に梅田のロフトは品揃えが充実しているので、オススメです!

4 「揚子江ラーメン」の美味さに感動!

梅田には、数多くのグルメ系名店がひしめきあっていますが、中でも特にオススメしたいのが、「揚子江ラーメン」です。

揚子江ラーメンは、さっぱりとした透明なスープが魅力的なのですが、シンプルな見た目に反して、独特の奥行きある深い味わいが、とにかく最高なのです。麺は白っぽく、細くて綺麗で、食べやすく、気づけば一瞬で器が空になっていることでしょう。上品なチャーシューに水菜、という無駄のない、美しいトッピングに、自分自身でオニオンフライをプラスしていきます。やみつきになってしまうこと、間違いナシ。

サイドメニューで、焼き餃子や蒸し餃子なども揃っているので、併せて注文してみてください。

5 インスタ映えする「ビブリオテーク」

ラーメンを食べた後は、口の中を少しサッパリさせたいと思うのでは?というわけで、次はデザート系の店を訪れて欲しいのですが、せっかくなら、今流行りの「インスタ映え」するメニューが揃っているような、オシャレ系カフェで思い出を作っていきませんか?

そこでオススメしたいのが、「ビブリオテーク」というお店です。ビブリオテークは、店名に「カフェ&ブックス」というサブタイトルもついているくらいで、思わずカメラを向けたくなるような、雑貨や本なども置かれているんです。

デザートやスイーツは、イチゴを中心としたような、「カワイイー!」と叫びたくなるラインナップが中心となっています。そのほかにも、ガトーショコラや、チーズケーキ、クリームブリュレや、アイスクリームのエスプレッソがけなんかがあったりします。

実は、フードのメニューも普通に充実しているので、是非、足を運んでみてください。

ビブリオテークで時間を過ごせば、オシャレで文化的な気分を満喫できることでしょう。

6 HEP FIVE の観覧車で夜景を楽しむ

HEP FIVE の観覧車は、梅田を象徴するような特別な存在感を放っており、いわゆる遊園地にあるような観覧車と違って、デザイン性が高く、尖った雰囲気が魅力的なので、思い出に是非、1回は乗ってみてください。
お腹もいっぱいになり、ちょっといい雰囲気だなー…、ロマンチックな気分を味わいたいなー…、という感じになってきたら、ここで是非、入れて欲しいプランがあります。それは、HEP FIVE の観覧車に乗るということ。

HEP FIVE の観覧車に乗るのであれば、トワイライトタイムから夜に掛けてくらいがオススメ。あるいは真っ暗になってからの時間帯を狙いましょう。

せっかく梅田の観覧車に乗るなら、やはり夜景を楽しめた方がいいからです。そうでないと、少々リアルで雑多な大阪の街を見下ろすことになってしまうので、暗くなってから乗るということを意識してみて欲しいのです。

HEP FIVE の観覧車は、世界で初めて誕生した「空調設備」のある観覧車である、という特徴も持っています。

吹き抜け部分にあるクジラのオブジェを手掛けているのは、日本のアーティスト、米米CLUBの石井竜也氏だったり、何かと話題の豊富なスポットです

7 梅田の最新観光スポット!NU茶屋町

梅田のツアーもそろそろ、大詰め!さすがにちょっぴり疲れてきたかな…、というアナタのために、ここで、梅田の最新観光スポットである「NU茶屋町(ぬーちゃやまち)」をご紹介させてもらいます。

ヌー茶屋町は、2005年に完成した商業施設で、2011年には向かいに別館もオープンしているなど、勢いがあります。オシャレで、モダンで、大人向きで、落ち着いていて、ゆったり施設を利用できると評判になっています。

今回のツアーで、何か買いそびれたものがあるなー、とか、まだちょっと食べたりないなー、なんてことを思っても、ゴミゴミしたエリアへまた繰り出すのはちょっと…、なんて抵抗を感じているようなら、ヌー茶屋町でほっこりするのは、ベストな選択といえるでしょう。

バランスよく色々なセンス良いお店が揃っているので、満足できること間違いナシ!

買いそびれたものを購入したり、食べたりなかったという思いを満たしたり、梅田ツアーの仕上げは、是非、ヌー茶屋町で!

8 マルチメディア梅田

NU茶屋町で癒やされて、余力が出てきた!という人は、最後にマルチメディア梅田に立ち寄って行ってください。マルチメディア梅田は、いわゆる家電量販店です。日本の最新技術によって作られた、様々な電化製品が一堂に会していますし、特に梅田であれば、他のエリアの電気屋では売られていないような製品も手に入りますので、かなりオススメ。

テレビや冷蔵庫や洗濯機や電子レンジの他、加湿器やマッサージ機や美顔器やオーディオ機器なども手に入ります。電気屋さんへは、ツアーの最初ではなく、最後に行くことをオススメします。なぜなら、ツアーの最初に訪れてしまうと、買ったものが荷物になってしまうからです。それに、あれも欲しい、これも欲しい、…と、じっくり見過ぎて、他のところを回る時間がなくなってしまうかもしれないので、やはり家電量販店には、最後の方に行くのがいいでしょう。

テキストを追加する

梅田を満喫するコツについておさらい!

以上、梅田の観光スポットをご紹介させてもらいました。梅田の街を楽しむコツは、巨大な百貨店の中でショッピングをしていたかと思えば、レトロな街並みでほっこりしたり、ビル群の中を歩いていたかと思えば、スカッとするような高いところから街を見下ろしたり、というように、緩急をつけることでしょう。

雑貨屋や家電量販店へ行ったら、間違いなく大量に買い物をしてしまうはずなので、バッグは大きめのものを用意し、できるだけ身軽な状態で向かうようにしましょう。また、インスタ映えするスポットが多いですから、スマホの空き容量や残り電池にも気をつかってください。

ただ、梅田は大都市なので、人混みが苦手で疲れやすい人は要注意。めまいや頭痛を感じたら、無理せず、すぐに近くの店で休むようにしましょう。緑などの自然はあまり多くないエリアですが、休める店は多いので、ここでオススメしている以外の店であっても、気に入りそうだったらフラリと入ってしまいましょう。素敵な梅田の街で、素晴らしい思い出を作っていってください!

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OK